Home | 体外受精による姙娠成功率をよくするために »

妊活スタイル

不妊治療における初診検査の内容とは

Fotolia_3672727_Subscription_L_R.jpg

不妊治療を始める際に、初診検査がどういったものを行うのか心構えをしておきたいというように考える人は多いようです。

不妊治療は痛いことがあるのか、お金はどのぐらいかかるのかというようなことも、事前に知識を持っておくことで対処するべきことが出来るようにもなるので、学んでおいて損はないでしょう。

不妊治療の初診検査は、まず問診とまた内診、検査というような形で進んでいくことが多いです。

内診においては、タイミングが合っているのか、体温の変化がどのようになっているのかということを医師が知るためにも、基礎体温表を持っていくようにしましょう。

ちなみに内診をするのでパンツスタイルよりも、スカートのほうが着替えて内診台に乗るという流れの中で恥ずかしさがないのでお勧めです。

検査においては、ホルモン値であったり、またクラミジアなどの感染症などの有無を調べるために、血液を採取して検査を行うということになります。

一方で、男性が不妊の原因がある可能性がありますので、初診診察の時に同席し男性の検査が行えるクリニックであれば同時にチェックをしてもらうというのも大切です。

不妊治療においては、タイミングなどを見てもらって妊娠に至るというような場合もありますが、体外受精、顕微鏡受精というような形での施術が必要になる場合もあります。

夫婦できちんと施術内容についても話し合い、クリニックに相談をするということが非常に重要となります。

★自分でできる妊活の準備:おすすめの葉酸サプリはコチラ

おすすめの葉酸サプリ