« 人工授精での妊娠成功率を上げるために心がけること | Home

妊活スタイル

シリンジ法で妊活に成功するためには

妊活を長く続けていて、ある程度のことはやってみたけれどなかなか妊娠に至らないという方は多いですね。

基礎体温をつけたり、排卵検査薬を使ったり、妊娠に良いとされるサプリを飲んでみたり、色々やってみたけれどうまくいかないという場合は、シリンジ法を試してみてはいかがでしょうか。

特に、男性側がEDぎみで、子作りのための行為自体がなかなか困難である場合には最適な方法です。

EDでなくても、男性が忙しくてなかなか時間が取れなかったりする場合、女性があまり性行為をしたくない場合など、直接の性行為が苦手なカップルにはとても有効な妊活法かもしれません。

具体的なやり方としては、個人で行う人工授精のようなものです。

まず排卵日は排卵検査薬などで推定しておくことが必要です。

その日の2~3日前から当日くらいまで、男性は精子を容器に出して、これをシリンジで吸い取って女性の膣内に注入するのです。

市販のスポイトなどで行う人もいるようですが、膣内を傷つけるのも怖いので、専用のシリンジキットを使った方が良いでしょう。

病院で行う人工授精も、男性の精子を女性の子宮内に注入するという方法なので、これは簡易な人工授精とも呼ばれるのです。

違いは費用で、病院で行うと何万円もかかりますが、自分で行うと数百円から数千円くらいでできるということです。

シリンジ法を何回行っても妊娠できない場合は、他に原因があるかもしれないので、その場合はやはり病院に相談したほうが良いですね。