« 体外受精による姙娠成功率をよくするために | Home | シリンジ法で妊活に成功するためには »

妊活スタイル

人工授精での妊娠成功率を上げるために心がけること

Fotolia_1228026_Subscription_L_R.jpg

人工授精とは不妊治療法の一つで、精子を子宮内に直接注入することにより、卵子と精子が出会う確率を高め妊娠へと導くものです。

その為、名前は人工授精と人工的なイメージを受けますが、極めて自然妊娠に近い形の治療法と言われています。

主に精子に問題があり、自然妊娠が難しい場合や、性行障害がある場合に選択されるケースが多いです。

ほとんど痛みもないため、身体に負担が少なく、ある程度の妊娠率を確保できると言われているため繰り返し治療される方も多いです。

10数回行っても、妊娠率は下がらなかったという例もあり、妊娠を望む夫婦にとっては希望を持ちやすい治療法です。

人工妊娠率は5~25%ぐらいと身体の状態や医療機関の治療方法の違いでばらつきはありますが、平均して10~15%ぐらいが一般的な成功率のようです。

では、妊娠成功率を上げるために何が必要なのでしょうか。

★妊娠成功率を上げるために必要なこと

人工授精であっても自然妊娠の場合であってもまずは、女性はお腹を冷やさない、男性なら腎臓を冷やさないことなどが大切です。

精子はいかに質の高いものを保っておくかということも大切なポイントですので、男性は日常生活から少し気にしてみるのも良いでしょう。

女性は、意識的に食生活を変えてみるのも一つの手です。

例えば、受精卵が着床しやすい厚い子宮内膜を作るには、とろろ昆布などがいいと言われています。

ストレスを溜め込むのもホルモンの分泌に悪影響を与えかねない為禁物です。

アロマや入浴での気分転換をしながら、心身ともにリラックスした状態で赤ちゃんを待ちましょう。